07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ありがとう たろう君。

2011/04/23
満開の桜を見とどけて、

たろう君は、12歳と7ヶ月の愛情に満ちた犬生を終えました。

4月18日午後3時、

眠るように旅立ちました。

お父さんお母さんの運ぶ、ご飯もお水も、頑として受け付けなかったそうです。

たろう君は、きっと、決めていたのだと思います。

そして、最後の最後まで、たろう君らしい生き方を貫きました。



太郎くん2


たろう君。

もっと、前に知り合いたかった。

もっと、一緒にあそびたかった。

もっと、もっと抱きしめたかった。


太郎君3


雪とお友達になってくれて、

ありがとう  たろう君。


太郎くん1


たろう君は、

みんなを優しく照らす、お日様になりました。






たろう君、ありがとう。
ブログを通じて、応援してくださった皆様にもありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュコッカースパニエルへ
にほんブログ村
秋田いぬ たろう君のご冥福を心よりお祈りいたします。






スポンサーサイト
13:14 イングリッシュコッカー | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
そうでしたか、寂しいですね。

最後まで、誇り高い秋田犬らしいたろう君だったのでしょうね。

ご冥福をお祈りいたします。
No title
鍵コメさん。

こんにちは。
本当に寂しいです。
お悔やみ、ありがとうございます。
No title
コロママさん。

寂しいです。
今日、たろう君のお父さんにお会いしました。
ご夫妻で辛い時間を過ごされています。

公園に行くと、会える気がします。
No title
秋田らしい凛とした最期だったんですね。
たろう君のご冥福をお祈りいたします。

桜の時期に逝かれてしまうと、他の花と違って毎年なんとも哀しい想いをするものです。
うちの初代ゴルも、真っ青な空に美し過ぎるような桜が花吹雪のように散る日に亡くなりました。

たろう君のご家族の皆様お辛いでしょうね。

サラのネエネたちにも秋田の男の子の友達が2頭います。
奈良からもうすぐ千葉へ帰ってくる予定です。
雪くんみたいに、サラも仲良くしてもらお~っと。
No title
たろうくんの飼い主さんと今日話しました。
泣きそうで、寂しそうでした。
みんな通らなければならない必ず来る別れ、頭で分かっていても
その時になると苦しすぎますね。
でもまた絶対秋田いぬを飼いたいと力強く言っていました。
最高の親友だったのでしょう。
No title
メグララさん。

そうでしたか・・
メグララさんのお家でも、桜の季節に哀しい思い出があるのですね。
たろう君のお家は今、悲しみに包まれています。
でも、悲しむのも供養の一つだと聞きました。


おぉ~秋田が2頭も!
いいな~。
3姉妹と秋田の5ショットを楽しみにしています。
No title
昆布パパ。

ちちの先生は息子さんですよね?

わんと暮らす人はみんな経験してるけど、
何度、経験しても辛いよね。
ちちのおかげで、先生から先生のお姉さんまで読んでくださって、
そのお姉さんから、心に響くコメントを頂ました。
嬉しかった~。

たろう君と出会えたおかげで、秋田いぬの魅力がよくわかりました。
No title
はじめてコメします。
たろさん立派ですね。
日本犬大好きな私です。
何とも感激しています。
決めてたんだね。

今度はきれいなお空の上で楽しく過ごしてください。
No title
たろうくんのご冥福お祈り申し上げます

家族の方は、大変寂しい思いをしてるかと思います・・・・・涙

動物と一緒ンに暮らすと必ず訪れる別れ。
辛いですよね・・・・
悲しい時は、いっぱい泣くのがいいって聞きました。。。

私の、知り合いのわんこも、先週16才で亡くなりました。長生きすると、ほんと、お疲れ様っていってあげたいですね~
これからは、病気もしない天国で安らかに過ごすんでしょうね~
No title
nao!さん。

来てくださって、ありがとうございます。

たろう君に出会って、
あぁ~、日本犬ってこういう事なのか と、はまる理由がわかりました。

雪には柴犬のお友達が何頭かいますが、
みんなご陽気さんなので、日本犬の孤高さを知りませんでした。

たろう君、今日も青空の中を走っていると思います。
No title
るかママさん。

看板犬のひめちゃん。
ほんとうに、お疲れ様。
16年のお店勤務、立派です。

ご家族の哀しみはいくばかりかと思います。
笑って話せるまでには時間薬しかありませんね。

青空の中で、ひめちゃんとたろう君は、
一緒に仲良く、ご家族を見守っていると思います。
No title
たろう君お空に行ってしまったんですね。
12年と7カ月、家族に可愛がられて雪風くんともお友達になって幸せな一生だったのでしょう。
ご冥福をお祈りします。
No title
きらりさん。

たろう君は幸せでした。
たろう君は幸せオーラを体中にまとっていました。

生まれ変わっても、また同じご家族の元に。
そう決めているはずです。
ありがとうございます…
たろうの姉?です。

雪ママさん、私が
たろう
と平仮名書きにしたのでお気を遣わせてしまっていたらごめんなさい!
太郎でもたろうでもたろーでもタローでも良いんだと思います(笑)

雪ママさん。本当にありがとうございます。
雪ママさんのお写真からは、言霊のように温かい愛が伝わって来るんです…。
たろうだけでなく、両親にまでお心遣い頂き、嬉しく、
涙が止まりませんでした。

たろうが家族以外の方にもこんなにも優しく思って頂いていたなんて…
それを知ることができて、本当に嬉しく思っております。
感謝です…。

最後の写真は、あまりにもたろうらしくて、
泣きながら爆笑してしまいました。

私は自分の家族との生活がありますからまだ何とかなりますが、
両親と弟…心配で。
近いうちにまた実家へ行きたいと思っています。

雪ちゃんにも、
たくさんありがとうね!
を、くれぐれもお伝えください。

No title
たろう君のお姉さんへ。

この度はご愁傷様でした。
ご家族みな様、お心おとしの事と思います。

たろう君とはじめて会った日。
お父様が「男の子とはどうかな?」とフェンス越しの対面でした。
その後、お散歩道で会い、たろう君と雪がなんのためらいもなく挨拶を交わす姿に、
「おっ、珍しいな 大丈夫だなぁ」と仰ったお父様。
それから、会うたびに、たろう君の足元でチョロチョロする雪を黙って受け入れてくれていました。

何も食べないと言われていたので、
レバーのスナックを試しに、たろう君の口にもって行くと、
1袋完食してくれて、お父様と一緒に大喜びをしました。
でも、その後同じレバーも食べてくれなかったそうです。
お父様は「どうかな?」と仰いましたが、
たろう君は私に気を使ってくれたのだと信じています。

たろう君の記事を書く事は、私にとって、大切な事でした。
ちなさんの暖かい言葉が胸にしみます。

たろう君に会えてよかった。
雪も私も心からそう思います。


いつの日か、哀しみが楽しかった思い出に変わる日が訪れますように。。


ありがとうございました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。